ロボアドバイザーを利用して資産を効率よく運用するための流れ

資産運用を行うにしても、そもそも投資の経験がなく何から始めていいのかわからない、忙しくて時間がかけられずにいるなど、興味があっても踏みさせずにいるかたが少なくありません。

 

そこで、投資に運用のアドバイスをしたり、投資者に代わって実際に運用までを行うサービス、ロボアドバイザーが近年注目を集めています。

 

文字通りにロボット、人工知能を活用しているシステムで、希望するスタンスで投資プランを作成、実行をサポートしてもらうことが可能です。

2種類のロボアドバイザーと優れている点や注意点

ロボアドバイザーは提供している各社によって違いがありますが、基本的にはパソコンやスマートフォンからログインした後、資産運用をどういった目的で行いたいか、運用はどのくらいの期間行うのか、増やしたい目標額やどの程度のリスクまで許容することができるかといった質問に答えていくことで、最適なプランが提案されます。

 

リスクを極力少なくして安定して運用を行うか、損をする可能性はあっても大きなリターンを得られる方法を取るかなど、希望に沿った形で運用を開始できますし、もちろん、実際に運用を始める始めないにかかわらず、診断のみを受けることも可能です。

 

このロボアドバイザーは、プランの提案のみを行うアドバイス型と、運用一任型の2つの種類があります。

 

アドバイス型の場合には、ロボアドバイザーが行うのは運用方法の提案までですので、具体的にどのように投資を行うかは利用者自身で決めていかなければなりません。

 

一方の運用一任型は提案されたポートフォリオを元にして、ロボットが利用者に代わって自動で資産運用を行っていくことになります。

しかし、この際に対象となる金融商品、運用の方法などはロボアドバイザーごとに異なってきますから、開始の前にしっかりとした下調べが必要です。

とはいえ、資産運用を考え始めても、準備、実行までには時間を要しがちなところを、運用一任型ロボアドバイザーを活用すれば、ポートフォリオに従い自動で定期的に投資信託の購入などを行えますし、リバランスも自動、基本的に投資家が行うのは忘れずに積立金を口座に入れておくのみと非常に手軽になります。

 

忙しい合間を縫って行わなければならないさまざまな手続きを、ロボアドバイザーに一任することができるのが魅力です。

 

また、資産運用というとある程度まとまった金額が必要なイメージがありますが、1万円の少額の投資から開始することができますから、初心者にとってはハードルがかなり下がります。

 

ただし、期待できるリターンがプラスと謳われていても、場合によってはマイナスが生じる場合もある点には気をつけなければなりません。

 

当然ですが、資産運用は必ずしもお金が増える保証はないのです。また、利回りが出ていてもプラス値が期待よりも低くなる場合が少なくありません。

 

さらに、運用には手数料もかかります。資産金額に対して手数料が下がるサービスもありますので、投資額を考慮をしてサービスを比較、利用していくのがおすすめです。

ロボアドバイザー利用開始の準備と運用の前に知っておきたいこと

ロボアドバイザーを利用して資産運用を開始するためには、まず口座の開設手続きが必要です。

 

基本的にインターネット上で全て済ませることができますし、必要な情報を入力するだけで完了するため難しくはありません。

 

また、本人確認が必ず求められますから、運転免許証、マイナンバーカードといった指定されている書類を用意しておいてください。こちらもファイルをアップロードするのみで完結します。

 

その後、住所確認のための簡易書類が届きますので、運用会社が受け取りを確認次第、口座が開設される流れです。その口座に運用に必要な金額を入金、運用一任型のロボアドバイザーなら後はお任せできますが、入金等の手数料発生の際には利用者側の負担になりますので気をつけなければなりません。

 

ロボアドバイザーに頼ることによって投資の知識が浅いかたでも手軽に資産運用を開始できますし、そのための準備も難しいことはありません。

 

ファイナンシャルプランナーなどの専門家にアドバイスを求める必要もなくなって、資産運用のための時間やコストをかなり削減できるようにもなりました。

 

必要なのはお金のみで、運用を任せながら空いた時間を資産運用のための勉強に活かすことも可能です。

 

しかし、事前に最低限の投資資金を用意しておく必要がありますし、無理のない範囲内で自分に合った運用を選択しなければなりません。

 

さらに、ロボアドバイザーを利用した資産運用は、短期間で結果を出そうとせずに長期的な視点を持って利用することが大切になります。

 

投資の方法として短期的な売買でリターンを出す方法もありますが、ロボアドバイザーは基本的に10年後、20年後を想定して資産形成を行うためのシステムです。

 

一時的に元本割れを起こしたり、思うような結果が出ない焦りがちですが、余裕を持って運用を行えるように長い付き合いになることを意識してください。